食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > B級グルメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「龍ヶ崎コロッケ」専用しょうゆ誕生  龍ヶ崎市

茨城県竜ヶ崎市

■ 「龍ヶ崎コロッケ」専用しょうゆ誕生  龍ヶ崎市


「龍ヶ崎コロッケ」といえば、茨城県龍ヶ崎市が誇る名門グルメ。

元々龍ヶ崎市内には、店独自のコロッケを提供する店が多く、そんな店が集まって2002年、コロッケクラブ龍ヶ崎を結成し”龍ヶ崎コロッケ”として売り出したのが始まり。
龍ケ崎市に店舗があり、クラブに加盟し、独自のコロッケを提供していれば”龍ヶ崎コロッケ”を名乗れるといった具合に、これといったルールに縛られることのない自由なコロッケである。
そのため毎年自由な発想の新しい味わいが登場し、飽きられることもなくリピーター獲得に成功しているという、ご当地グルメとしては希有な存在である。

そんな龍ヶ崎コロッケだが、Yahoo!JAPANが開催したご当地メシ決定戦!2014においてグランプリを獲得。
その名を全国にとどろかせたのである。


この龍ヶ崎コロッケを、もっとおいしく食べられる専用醤油がこのほど開発された。

2015年1月に発売されたのは。龍ヶ崎市塗戸町の清原醤油(しょうゆ)醸造店が製造した「龍ヶ崎コロッケしょうゆ」である。コロッケクラブ龍ヶ崎が、同社にしょうゆの開発を依頼したことから誕生したという。

一般的なしょうゆに比べて塩分を控えめにし、甘味を出した。
酢も入っておりさっぱりとした味わい。
とろみもつけたことでソースに近い感じに仕上がり、コロッケのサクサク感を損なわずに食べられるという、独特の醤油。

同店の清原専務は「しょうゆ派にもソース派にも合うはず。龍ヶ崎コロッケのお供に定着させ、互いを盛り上げていきたい」と話しているという。

価格は200ミリ・リットルで税込み324円。


清原醤油
http://ibaraki-syoyu.com/?page_id=215
龍ヶ崎コロッケ
http://ryugasaki-croquette.jp/index.html
読売新聞2015年1月30日
http://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20150129-OYTNT50502.html
スポンサードリンク
[ 2015/01/30 20:06 ] B級グルメ | TB(0) | CM(-)

「発泡酒」と「第3のビール」税額引き上げ?   「ビール」は下げ


■ 「発泡酒」と「第3のビール」税額引き上げ?   「ビール」は下げ



政府・与党は、ビール類にかかる酒税を2015年度税制改正で見直し、「発泡酒」と「第3のビール」の税額を統合して引き上げる予定だという。

統合後は、発泡酒と「第3」のビールは税額が段階的に同額になり、小売価格はいずれも上がる可能性が高い。
全体の税収が変わらないようにするため、ビールの税額については引き下げる方向だという。

自民党と公明党の税制調査会が2014年末にかけて議論し、12月中旬にまとめる2015年度税制改正大綱に盛り込む方針だという。
政府・与党は、将来的にはビールも含めて税額を統一したい考えで、まずは発泡酒と「第3」から統合することにした。

税額の統一を目指すのは「類似の飲料なのに税額が異なるのは、税制上の問題があり、メーカーの競争環境をゆがめている」(自民党税調幹部)との考えが背景にある。

税額が同じになるのなら、第3のビールも発泡酒も市場がかなり縮小していく予感が・・・。

読売新聞2014年10月25日
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141025-OYT1T50016.html
スポンサードリンク
[ 2014/11/16 00:06 ] B級グルメ | TB(0) | CM(-)

「津ぎょうざ小学校」 B-1GP4位  郡山市

福島県郡山市

■ 「津ぎょうざ小学校」 B-1GP4位  郡山市


福島県郡山市で開かれていたご当地グルメで全国各地の魅力を発信するイベント、第9回「B-1グランプリ」で「津ぎょうざ小学校」が4位に入った。
提供した西川さんは「ギョーザを通して、津の魅力を知ってほしい」とアピールした。

第1位は青森県十和田市の「十和田バラ焼きゼミナール」。
第2位は「熱血!!勝浦タンタンメン船団」(千葉県勝浦市)。
第3位は「今治焼豚玉子飯世界普及委員会」(愛媛県今治市)。


十和田バラ焼きゼミナールが提供したのは牛バラ肉とタマネギをしょうゆベースの甘辛いタレで炒めた料理。
青森県立十和田西高校の生徒も参加し魅力をPRした。
代表の畑中さんは「(原発事故で避難している人が)仮設住宅から食べに来てくれた。東北や福島の復興をもっと進めたい」と喜びを語った。

来場者は18日から2日間で約45万3千人(主催者発表)。

次回大会は2015年秋に十和田市で開かれる予定。


2014年10月21日産経新聞
http://www.sankei.com/region/news/141021/rgn1410210005-n1.html
スポンサードリンク
[ 2014/11/01 05:20 ] B級グルメ | TB(0) | CM(-)

B-1in郡山 「十和田バラ焼き」ゴールドグランプリ獲得

福島県郡山市


■ B-1in郡山 「十和田バラ焼き」ゴールドグランプリ獲得


2014年10月18・19日の2日間にわたって、福島県郡山市で開催された ご当地グルメの祭典「第9回B―1グランプリin郡山」。

お天気にも恵まれ、2日間の来場者は主催者発表で約45万3000人に達した。

おいしい熱気の中、来場者の投票で決まる最高賞のゴールドグランプリには、青森県十和田市の「十和田バラ焼き」(十和田バラ焼きゼミナール)が輝いた。


この大会は、「東北・福島応援特別大会」と位置付け、震災の風化防止と風評払拭を図るとともに、郡山市をはじめとする福島県の魅力も全国に発信することを目的に開催。

全国各地から、59のまちおこし団体・グルメが郡山に集結した。


グランプリを獲得した、十和田バラ焼きのシンボルマークはバラの花。
しかしこれは、バラの花を焼いたものではなく、下味を付けた牛バラ肉と大量のタマネギを独自の甘辛だれで、鉄板上で一気に焼き上げるという豪快なグルメだ。
味とともに、香りと音もすばらしく、それが来場者達の心を掴み、グランプリを獲得したに違いないのだ。

なお主催者からは、2015年の開催地が青森県十和田市に決まったことも発表された。


●総合順位
第9回ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリin郡山

・ゴールドグランプリ
「十和田バラ焼きゼミナール」(青森県十和田市)

・シルバーグランプリ
「熱血!!勝浦タンタンメン船団」(千葉県勝浦市)

・ブロンズグランプリ
「今治焼豚玉子飯世界普及委員会」(愛媛県今治市)


・第4位
「津ぎょうざ小学校」(三重県津市)

・第5位
「あかし玉子焼ひろめ隊」(兵庫県明石市)

・第6位
「久慈まめぶ部屋」(岩手県久慈市)

・第7位
「対馬とんちゃん部隊」(長崎県対馬市)

・第8位
「かほく冷たい肉そば研究会」(山形県西村山郡河北町)

・第9位
「小樽あんかけ焼そば親衛隊」(北海道小樽市)

・第10位
「田川ホルモン喰楽歩」(福岡県田川市)



・2日間の合計来場者数453,000人
10月18日:172,000人
10月19日:281,000人


B-1in郡山
http://b-1koriyama.com/b-1grandprixwp/wp-content/uploads/2014/10/a621fc23f86e7f921ddf47727f40d21a.pdf
十和田バラ焼き
http://www.barayaki.com/
読売新聞2014年10月19日
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141019-OYT1T50056.html
スポンサードリンク
[ 2014/10/20 04:22 ] B級グルメ | TB(0) | CM(-)
スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。