食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 事件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

韓国人経営の和食店     素材偽表記で巨額訴訟か?

 

アメリカ

 

■ 韓国人経営の和食店 素材偽表記で巨額訴訟か?

 

米ロサンゼルス地域で韓国人が経営する和食店100店以上に、訴訟を予告して巨額の補償を求める手紙が送られているという。
原因は韓国人経営の和食レストランがメニューに「ホワイトツナ」と表記しながら、深海魚「エスカラー(Escolar=アブラソコムツ)」を出していたためだ。

エスカラーはスズキ目サバ亜目の一種だが、人が消化できない有害成分を含むため日本では販売が禁止されている魚。

 

2014年末から米国の弁護士が、この魚を出す韓国人経営の和食レストランを対象に損害賠償請求訴訟を起こし始めているという。

 

これを受け、韓国人経営者60人余りが「米州韓人和食業協会」を結成、問題に共同で対処することにしたという。

初代協会長となった韓国人経営者は「この事件は、公益訴訟制度を悪用した悪意ある訴訟だ」と訴えているという。


この報道に対し、韓国ネットユーザーからは次のようなコメントも寄せられているとか。
「LAで韓国人の営むお店の魚の名前が8割間違っているとのニュースもあった」
「日本人がやっているお店はどうなの?訴えられた?」

 

この魚、日本では販売が禁止されているため一般に出回ることはない。

海外でも和食を知っている日本人の経営なら、たぶん見つけても、お客様には出さないと思う。

なぜ有害成分を含んだ魚が、アメリカの韓国人経営の和食店に広く出回っているのだろう?

その理由の方が、興味がある。

 

なお、韓国では食用も許可されているらしい・・・。

 

FOCUS-ASIA2015年3月26日

http://www.focus-asia.com/rss/413173/

スポンサードリンク
[ 2015/04/29 22:39 ] 事件 | TB(0) | CM(-)

TDR ケーキにカビ


■ TDR ケーキにカビ



2015年3月26日、東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは、TDR内で販売したカップチーズケーキからカビが見つかり、商品を回収すると発表した。

同社によると、回収するのはミッキーマウスの絵柄の箱に個別包装のケーキ9個が入った商品(1400円)。
賞味期限が2015年4月21日の699箱。

商品は3月19日から同21日にかけて販売された。


3月24日と翌25日に計2件、購入客から「カビが生えている」と連絡があった。
健康被害は確認されていない。

製造元の「丸きんまんじゅう」(佐賀市)の工場で、袋が完全に密封されているかどうか調べる機械に不具合があり、オリエンタルランドは袋が密封されていなかったためカビが生えた可能性があるとみているという。


オリエンタルランドでは、商品があった場合、料金着払いで返送するようにとしている。

商品送付先
〒279-8511
千葉県浦安市舞浜1-1
株式会社オリエンタルランド
商品ゲストサービス
(送料受取人払い)








オリエンタルランド
http://www.olc.co.jp/news/olcgroup/20150326_01.pdf
佐賀新聞2015年3月27日
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/170691
スポンサードリンク
[ 2015/03/26 01:04 ] 事件 | TB(0) | CM(-)

体重計酷似 タニタに賠償命令


■ 体重計酷似 タニタに賠償命令


2015年2月28日、デザインがそっくりの体重計の販売で意匠権を侵害されたとして、オムロンヘルスケア(京都)がタニタ(東京)に生産差し止めなどを求めた訴訟の判決で東京地裁は、タニタに約1億2900万円の支払いを命じた。

判決理由は閲覧が制限され明らかになっていない。
タニタは対象となった体重計の販売を終えている。

訴状によると、問題になったのはオムロンの「カラダスキャン HBF―212」など2機種とタニタの「フィットスキャン FS―100」。

いずれもガラスの表面に四つの電極部分があり液晶部分に体脂肪率などが表示される。
オムロンは11年に意匠権を登録した。





京都新聞 2015年2月26日
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20150226000127
スポンサードリンク
[ 2015/03/22 00:36 ] 事件 | TB(0) | CM(-)

「9種類の温泉」  7種類はわかした井戸水だった   岡山市

岡山市

■ 「9種類の温泉」  7種類はわかした井戸水だった


2015年2月24日、消費者庁と公正取引委員会は、岡山市の有限会社「湯迫温泉」に対して、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。

発表によると、同社は旅館「白雲閣」と浴場「健康村」を運営している。
ホームページやパンフレットなどで「9種類の温泉」とうたっているものの、実際に温泉は2種だけ。
残りは井戸水をわかしていたという。

同社は「表示内容を十分確認していなかった」として修正したという。


消費者庁
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/150224premiums_3.pdf
読売新聞2015年2月25日  
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150224-OYT1T50133.html
スポンサードリンク
[ 2015/03/20 00:37 ] 事件 | TB(0) | CM(-)
スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。