食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 食文化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伝統行事「おこぼ様」  松浦市

長崎県松浦市


■ 伝統行事「おこぼ様」  松浦市


2015年3月21日、長崎県松浦市の落合(おてや)の洞窟で、彼岸の伝統行事「おこぼ様」が開かれた。

これは約40体の地蔵が並ぶ洞窟の中で、地区住民たちが無病息災や家内安全などを祈願するものだ。

由来は定かではないが、おこぼ様は、「弘法様」がなまった言葉とされ、洞窟の入り口付近には弘法大師の石像が1体祭られている。

約40体の地蔵は、赤木地区の家の数だけ祭られたという説や、霊場「四国八十八カ所」を模して88体あったが、洪水で流されて今の数になったという説がある。

洞窟は大きな一枚岩で覆われていて幅約30メートル、奥行き約10メートル、高さ約2メートル。
それぞれの地蔵の前にはろうそくがともされ、住民たちは手を合わせて祈った後、地区の女性たちが手作りした赤飯を味わった。

松浦市

長崎新聞2015年3月25日
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2015/03/25091224016888.shtml
スポンサードリンク
[ 2015/03/22 20:01 ] 食文化 | TB(0) | CM(-)

奇祭「潮ばかり」  須崎市

高知県須崎市


■ 奇祭「潮ばかり」  須崎市


2015年3月4日、高知県須崎市で、短冊を飾り付けた大竹を海中に立てて1年の豊作・豊漁を祈願する高知県須崎市の奇祭「潮ばかり」が開かれた。



「潮ばかり」は、国の無形民俗文化財にも指定されており、海神である竜神にその年の大漁と集落の繁栄を祈る祭り。
毎年旧暦の1月14日夜の干潮時に行われる。

まず五色の短冊を飾った高さ15メートル余りの淡竹が集落の中央に立てられる。
淡竹は、夜になると木やり唄に合わせて若者達によって悪霊鎮めの地搗(じつき)をしながら浜辺まで運ばれ、干潮時に沖に立てられる。

後日、その竹が沖方向に倒れると大漁、岸方向に倒れると豊作の年になると言われている。



須崎市
http://susakishikankou.com/event
高知新聞2015年3月6日
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=334334&nwIW=1&nwVt=knd
スポンサードリンク
[ 2015/03/05 18:51 ] 食文化 | TB(0) | CM(-)

橋から豆を落とす厄除大祭  甲賀市

滋賀県甲賀市


■ 橋から豆を落とす厄除大祭  甲賀市


2015年2月17日、滋賀県甲賀市の田村神社で、橋の上から豆を放って無病息災を願う、珍しい厄除大祭が始まった。

境内を流れる御手洗川では厄落とし行事として年の数だけ豆を落とすという。

大祭は千二百年ほど前、不作を脱し疫病を鎮めようと祭神の坂上田村麻呂に頼って神職が三日三晩祈とうしたことにちなんでいるとか。

ちなみに境内に出る大判焼きの屋台は有名で、順番待ちの行列が絶えることがないとか。


田村神社
http://tamurajinja.blog86.fc2.com/blog-entry-177.html#e177
中日新聞2015年2月18日
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20150218/CK2015021802000007.html
スポンサードリンク
[ 2015/02/17 04:22 ] 食文化 | TB(0) | CM(-)

薬師寺 「食堂」再建へ

奈良市

■ 薬師寺 「食堂」再建へ


2015年2月10日、創建当初の伽藍(がらん)の復興を進めている奈良市の薬師寺は、僧侶の食事や修行の場だった「食堂(じきどう)」の再建工事を、2015年4月にも始めると発表した。

食堂とは、単なる食事の場ではなく、僧侶が参集して食事を摂り、修業をする場。
薬師寺にとっては、金堂・講堂とともに古代寺院の主要な建物のひとつ。
金堂や大講堂と並ぶ主要建築物で、奈良時代、平城京で東大寺や大安寺に次ぐ威容を誇ったとされている。

薬師寺食堂の造営年代は不明だが、おそくとも奈良時代前半には建てられたと考えられるという。


この食堂は、平安時代の973年に焼失し、1005年に再建。
同寺の伝承では、室町時代に再び焼けたとされ、江戸時代の資料にはみられない。

奈良文化財研究所が2012~13年に行った大講堂北側の発掘調査で、「薬師寺縁起」(1015年)が創建時の食堂として記述しているものとほぼ一致する遺構が確認されており、遺構を参考に、同じ場所で再建を進める。


新「食堂」は、鉄骨造りで外観は木造。
東西41・5メートル、南北16メートル、高さ14メートルで、2017年5月の完成を目指す。

山田法胤(ほういん)管主は「食堂が金堂、大講堂と並ぶことで、創建時の姿を想像しやすくなる」と話している。


薬師寺
http://www.nara-yakushiji.com/guide/
http://www.nabunken.go.jp/info/press/20130124_1.pdf
読売新聞2015年2月11日
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150210-OYT1T50119.html
スポンサードリンク
[ 2015/02/12 18:37 ] 食文化 | TB(0) | CM(-)
スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。