食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 新製品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

馬路村「ごっくん馬路村」 賞味期限3倍の缶発売へ

高知県馬路村


■ 馬路村「ごっくん馬路村」 賞味期限3倍の缶発売へ


ゆず飲料「ごっくん馬路村」で知られる馬路村農協は、高知県産ユズを使った初の缶入り飲料「ユズカン」を発売することになったという。

2015年3月5日、高知新聞が報じている。

現在ある瓶入りの「ごっくん馬路村」は賞味期限が4カ月と短く、店頭販売は四国が中心になっていた。
缶入りの「ユズカン」は賞味期限が1年に伸びた。
また味の点でも、「ごっくん馬路村」よりも甘さを抑え、ユズ本来の香りや酸味を生かすなど工夫しているという。
農協では「首都圏などに売り込みたい」としている。


1988年発売の「ごっくん馬路村」は、年間約700万本を売る馬路村農協のヒット商品。
このほかペットボトル入りのユズ飲料もある。
しかし、これら商品は外光による変色や風味の変化が起こりやすい上、消費者から「瓶の処理に困る」などの声が寄せられていたという。

そこで、遮光性が高く、飲んだ後は小さくつぶすことができるアルミ缶飲料の商品化を計画。
2014年10月、ユズの販路開拓に力を入れる高知県の事業や馬路村の補助金の採択を受け、約2億1200万円かけて馬路村農協内の加工場に製造ラインを新設した。

「ユズカン」は既存商品と同様、保存料などは使わず、遮光性と窒素の充填(じゅうてん)による酸化防止で賞味期限を3倍に延ばした。
1缶270ミリリットル入りで税込み150円。
既に2015年3月3日から生産に入っており、店頭のほか、通信販売でも順次販売する。

東谷組合長は「賞味期限の問題で取引が難しかった地域にも積極的に商品を売り込める。立ち止まることなく、常に新しい策を考えていきたい」と話している。







馬路村農協
http://www.yuzu.or.jp/blog/hibi-umaji/2015/03/post-1031.html
http://www.yuzu.or.jp/
高知新聞2015年3月5日
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=334268&nwIW=1&nwVt=knd
スポンサードリンク
[ 2015/03/06 14:16 ] 新製品 | TB(0) | CM(-)

 「進撃の巨人」梅酒  第2弾発売

■ 「進撃の巨人」梅酒  第2弾発売


大分県日田市の「おおやま夢工房」が、「進撃の巨人」の原画をラベルにした梅酒を発売することになった。
2本セットで、並べると人気キャラクターが向き合う。日田市出身の作者、諫山創さんが特別に描き下ろした。

おおやま夢工房は2014年2月から、第1弾として進撃の巨人絵をラベルにした梅酒をHPや日田市の店頭で販売している。
今回発売するのは第2弾。
テーマは「Bande」。
化粧箱にも諫山さんの絵をふんだんに使っているという。

1セット税込み3780円で同社のほかローソンで予約できる。
4月4日から受け取り。
ローソンでの予約は3月9日まで。







おおやま夢工房
http://www.shop.hibikinosato.co.jp/html/page62.html
産経新聞2015年2月25日
http://www.sankei.com/region/news/150225/rgn1502250002-n1.html
スポンサードリンク
[ 2015/03/01 05:40 ] 新製品 | TB(0) | CM(-)

王将  国産素材の「日本ラーメン」発売


■ 王将  国産素材の「日本ラーメン」発売


2015年2月23日、王将フードサービスは、全国の餃子の王将で「日本ラーメン」の発売を開始した。

この「日本ラーメン」、麺やスープに国産食材のみを使ったラーメンなのである。

スープに使われているのは国産の鶏肉や豚肉、利尻昆布や鹿児島県枕崎市産のかつお節。
麺も北海道産の小麦粉を用い、チャーシューもカナダ産から国産に切り替えた。

味は、あっさりとした白しょうゆ風味に仕上げているという。
価格は税込み734円で従来のラーメン518円より割高になるものの、国産なら一定の評価が得られることは間違いナシ。

王将では月間30万食の売り上げを目指すといい、「従来のラーメンは男性が好むようなこってり味だったが、高齢者や女性客にも食べていただきたい」としている。





王将
http://www.ohsho.co.jp/event/index.php?a=fair_detail&fair_id=361
2015年2月23日 京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20150223000165
スポンサードリンク
[ 2015/02/24 15:10 ] 新製品 | TB(0) | CM(-)

カレー専用しょうゆ開発  都城市

宮崎県都城市

■ カレー専用しょうゆ開発  都城市


宮崎県都城市を拠点にチキン南蛮カレー店などを展開する「宮崎カレー本舗カレー倶楽部ルウ」と、みそ・しょうゆ醸造元のヤマエ食品工業は協同でカレー専門醤油「みやこん醤油」を開発。

2015年1月29日より全店舗で開始した。

カレー専用しょうゆ「みやこん醤油(じょうゆ)」は、カレーに合う甘口醤油。
独自の配合でカレーに醤油の風味とコク、そして旨味を加えるという。
とろりとした濃厚な食感で、カレーとの相性がより引き立つよう仕上げたという。

提供店舗は、カレー倶楽部ルウ都城本店、カレー倶楽部ルウ神田関東総本店、カレー倶楽部ルウ福岡渡辺通店、カレー倶楽部ルウプロデュースas ONE Roppongiランチ店。
店内でカレーを注文すれば、自由に利用できるとか。

特にチキン南蛮カレーには合いそうだ。







カレー専用しょうゆ「みやこん醤油」
http://www.yamae-foods.net/ubugoe/5137.html
宮崎日日新聞2015年2月16日
http://www.the-miyanichi.co.jp/bimihakken/_10853.html
スポンサードリンク
[ 2015/02/15 18:43 ] 新製品 | TB(0) | CM(-)
スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。