食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 未分類 > 釧路沖 調査捕鯨始まる 北海道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

釧路沖 調査捕鯨始まる 北海道

釧路沖 調査捕鯨始まる 北海道

 

2017年9月1日、北海道釧路沖で調査捕鯨が始まった。

太平洋沿岸のミンククジラの生態を調べるために毎年実施されているものだ。

2017年からは調査捕鯨の計画が新しくなり、釧路沖では、捕獲頭数の上限が77頭(前年上限51頭)となっているとういう。

 

この調査捕鯨により、9月4日には1頭目が捕獲。
体長約8メートル、体重約6トンのメスの個体で、胃の内容物はほとんどがマイワシだったという。

 

釧路沖での調査捕鯨は、2017年10月末まで実施されるが、期間中に捕獲されたミンククジラからとれる赤肉などの副産物は、これから市内の市場やスーパーなどで生肉の状態で買うことができる。


また、9月10日に釧路市で開催される「釧路Oh!!さかなまつり」、9月21~23日の間、市内の飲食店が31店が参加する「くじら祭り&くしろの鯨 味めぐり」で味わうことができる。

 

 


http://www.suisan-kushiro.jp/kujira/03event.html


http://www.suisan-kushiro.jp/kujira/pg26.html

関連記事
スポンサードリンク
[ 2017/09/07 00:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。