食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 未分類 > ロシア副首相 「日本人なら切腹して静かに」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロシア副首相 「日本人なら切腹して静かに」

北方領土

 

■ ロシア副首相 「日本人なら切腹して静かに」

 

2015年8月22日、ロシアのロゴジン副首相は「真の(日本の)男なら、伝統に従ってハラキリをして落ち着いたらいい。今は騒いでばかりいる」と語った。

 

これはロシアのメドベージェフ首相が、日本の北方領土・択捉島を勝手に訪問。

日本の岸田外相が、アファナシエフ駐日ロシア大使を外務省に呼んで「訪問は日本の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるもので、極めて遺憾だ」と抗議したことに対する意趣返し。


ちなみにメドベージェフ首相の極東訪問に際し、ロゴジン副首相は21日のボストーチヌイ宇宙基地(アムール州)視察には同行したが、択捉島は訪れていないというので、こいつ平和を希求する観点から許してやる。

しかしメドベージェフはダメだ。

こっちは前もやらかしている。

メドも、ふらふら他人の土地に入り込まず、ロシア男の伝統に従ってウオッカを飲んで冬道に寝ていればいい。

 

時事通信2015年8月24日

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015082400694&j4

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/08/23 21:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。