食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 未分類 > 長湯温泉は糖尿病にイイらしい  竹田市

長湯温泉は糖尿病にイイらしい  竹田市

大分県竹田市

 

■ 長湯温泉は糖尿病にイイらしい 竹田市

 

2015年7月10日、大分県竹田市と一般財団法人「日本健康開発財団」、慶応義塾大学は、全国有数の炭酸泉として知られる竹田市の長湯温泉の飲泉効果に関する調査結果を発表した。

 

それによると長湯温泉の温泉水を飲むことで血中成分や腸内細菌の機能が変化し、糖尿病予防の効果に期待できることが証明されたという。

医科学的なデータに基づく飲泉効果の研究は初めてとのこと。

調査のための実験は2014年9月から4週間にわたって実施。

26歳から59歳までの健康な男女24人が1日3回、食前にカルシウムやナトリウムを多く含む炭酸水素塩泉を合計500ミリリットル飲み、水道水を飲んだ場合の血液と尿、便を調べた。


調査結果によると、温泉水を飲んだ後の方が、血糖値と連動する血中グリコアルブミン値が減少、腸内細菌の機能の変化により、糖尿病患者の血中に多く見られるアミノ酸が減少―などを示す被験者が多かった。

一方、効果には個人差があることも分かった。

同大学はマウスに種類の異なる温泉水を投与する実験を継続中で「引き続き飲泉効果のメカニズムを解明していきたい」としている。

 

大分合同新聞2015年7月11日

http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/07/11/222304227

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/07/20 05:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon