食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 未分類 > 縁起がいい“黄金の蛙”発見    阿武町

縁起がいい“黄金の蛙”発見    阿武町

山口県阿武町

 

■ 縁起がいい“黄金の蛙”発見 阿武町

 

2015年7月5日、山口県阿武町で、縁起の良い金色のカエルが発見されたという。

阿武町町民センター近くの田んぼで発見されたもの。

黄金のカエルのほかに、金色(白色)のオタマジャクシ1匹も発見されている。

 

発見した少年は、田で泳ぐホウネンエビを探しに行き、偶然、白いオタマジャクシを見つけ、網で捕獲しようとしたところ、金のカエルも見つけたという。

 

届けられた町民センターでは、縁起物として、早速、飼育箱に入れたカエルを玄関に設置。

そこに偶然あらわれた萩博物館の副館長が、このカエルに“釘付け”となり、
「これは珍しい、突然変異のカエルのアルビノ種。特別展(べっぴん!美形いきもの帳)に相応しい生き物かも知れない。ぜひ博物館でお預かりしたい」とのことで、萩博物館に運ばれることになったという。

 

カエル、オタマジャクシとも当面、博物館で飼育され、様子を見た上で展示をするという。


山口県阿武町

http://www.town.abu.lg.jp/sys/topics/detail.php?detailID=1303

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/07/19 19:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon