食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 未分類 > 日本にもいた T-REX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本にもいた T-REX

長崎県

 

■ 日本にもいた T-REX

 

2015年7月14日、福井県立恐竜博物館と長崎市は、長崎半島西岸(長崎市)にある白亜紀後期(8100万年前)の地層「三ツ瀬(みつぜ)層」から、ティラノサウルスの仲間とみられる肉食恐竜の歯の化石2点が見つかったと発表した。

 

具体的な種類は不明だが、全長は推定10メートル以上で、肉食恐竜としては国内最大だという。

 

同館と同市は今回の発掘現場で共同調査を実施している。

そんな中、2014年5月に2つの歯の化石を発掘した。

保存状態の良い左下顎の歯(長さ8・2センチ、幅3・8センチ、厚さ2・7センチ)、欠損と変形がある歯(長さ7・8センチ以上、幅3・7センチ以上、厚さ2・2センチ以上)で、歯の両側には肉食恐竜に特徴的なノコギリ状の微細な突起が無数にある。

 

また、水平断面が楕円(だえん)で分厚く、全体の形がバナナに似ていることなどから、同館はティラノサウルス科の大型種と結論づけた。

歯の大きさや厚さから全長は10メートル以上と推定している。

ティラノサウルス科は全長5~13メートルで、白亜紀後期には北米にティラノサウルス(T―レックス、10~13メートル)、モンゴルや中国にはタルボサウルス(9・5メートル)などが生息していた。

 

読売新聞2015年7月14日

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150714-OYT1T50062.html

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/07/14 05:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。