食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 未分類 > 「折戸なす推進協議会」設立    静岡市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「折戸なす推進協議会」設立    静岡市

静岡市

 

■ 「折戸なす推進協議会」設立 静岡市

 

2015年7月1日、イオンは、行政などとともに、静岡市に「折戸なす推進協議会」を設立すると発表した。

 

同社による日本の郷土の味や優れた食文化継承を担う「フードアルチザン(食の匠)」活動の一環。

 

「折戸なす」は、静岡県静岡市清水区三保・折戸地区で栽培されているなすで、「一富士、二鷹、三茄子」のことわざの元になったともいわれる品種。

徳川家康公に献上されていたことが伝わる歴史ある作物でもある。

 

形は丸く、きめ細かな肉質と濃厚な味わいが特徴で、2012年度には静岡県の「しずおか食セレクション」に認定されている。

しかし、その栽培については、生産者9名、生産量12tにとどまっており、生産者の育成や全国にその知名度を高めていくことが求められている。

イオンでは、小売業の立場から、販路の拡大やさまざまな商品化に協力し、折戸なすのブランド化に協力していくという。

 

イオン2015年7月1日

http://www.aeonretail.jp/pdf/150701R_2.pdf

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/07/04 20:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。