食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 未分類 > 早いぞ牛糞バス    英国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早いぞ牛糞バス    英国

英国

 

■ 早いぞ牛糞バス 英国

 

牛糞から発生するメタンガスを燃料とする英国初のバス「Bus Hound」が、最高時速123.5kmを達成し、定期運行バスの速度記録を更新したという。

 

英国南部・レディングの公共バスとして使われている「Bus Hound」は、メタンを燃料としている。

生物メタンは牛糞を嫌気性発酵させて生成されている。

これを圧縮・液化し、バスの屋根の内側に設置された7つのタンクに貯蔵して燃料として使用しているという。

 

通常の「Bus Hound」は、時速が約90kmに制限されている。

しかし今回は記録挑戦のためこうした、スピードリミッターが解除されたようだ。

 

今回のプロジェクトが実行されたのは、牛糞燃料バスが『汚く、悪臭がして、遅い』というイメージを払拭したかったからだという。

なお、Bus Houndは牛糞が燃料だが、GENeco社が英国ブリストルで運行する別のバスは、人間の排泄物と生ゴミを燃料としているという。

 

日本でも試してもらいたい技術だが、挑戦するところはないのだろうか。

 

産経新聞2015年5月28日

http://www.sankei.com/wired/news/150528/wir1505280001-n1.html

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/05/30 08:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。