食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 未分類 > ご当地カレー(レトルト)  成功率は5%?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご当地カレー(レトルト)  成功率は5%?

 

■ ご当地カレー(レトルト) 成功率は5%?

 

スーパー店頭などに、最近各地のご当地カレー(レトルト)が並んでいるのをよく見かけるようになった。

レトルトカレーは10年ほど前から味や種類が増え続け、いまや市場規模は759億円(富士経済調べ/2013年)ともいわれる。

カレーは日本に根付いた料理であり、そこに各地の特産品を入れれば、カンタンに地域独自のカレーが開発できるとあって、開発する側にとっても手軽なのだ。

そのため毎日のように、新しいご当地カレーが搭乗している状態だという。

 

ご当地カレーにも詳しいカレー総合研究所の井上岳久所長は,次のように語る。

「レトルトカレーは自分の町をPRして地方創生につなげるには一番分かりやすい商品です。また、100万円もあれば初回ロット分ぐらいは開発・製造でき、うまくいけば売り上げも回ってくるビジネスです。」

「全国各地のご当地カレーは、少なくても2000種類はあると思います。でも、山のように新商品が生まれては、山のように消えていく厳しい世界。毎年200~300種類ぐらいが入れ替わり、成功しているのは全体の5%程度ではないでしょうか」


なんと次々と生まれるご当地カレーの中で、成功していると言えるのは、わずか5%程度しかないとのこと。

 

井上氏は、ご当地カレー成功の秘訣として、「味へのこだわり」「地域の団結」「情報発信」などを上げている。

 

まず味へのこだわりとして、地域の食材を使うなら、それに合ったカレールーの研究が不可欠だという。

「ニンジンを入れるならニンジンに適したカレー、鰤(ぶり)を入れるなら鰤に合ったルーを研究しなければ味がついてこない」とのこと。

 

「地域の団結」としては『よこすか海軍カレー』で成功した横須賀市が例になるという。

同市では、市のほか商工会議所などが『カレーの街』として全国への情報発信を地道に行ってきた。

さらに市内のレストランで統一したレシピを提供することで、味にブレもなく、誰がいつ行っても、おいしい「海軍カレー」が食べられることで人気を博したという。

 

逆に市内各店が工夫を凝らして独自の味を追い求めてきた結果、成功したのが「札幌スープカレー」だ。

各店は”札幌をスープカレーの町として有名にしよう”という点で意見は一致しているが、、統一したレシピなどはなく、各店で味や具材はそれぞれ違っている。

そんな、とびきり個性的な店が集積したことで名を上げてしまったのである。

 

今後も、次々と個性的なご当地カレーが生まれてくるだろうが、成功への道は厳しい。

しかしそれを勝ち抜くことができれば、カレーの売り上げだけでなく、多くの観光客も訪れるようになり、その経済効果は計り知れないのだ。

 

 

NEWSポストセブン2015年7月12日

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150712-00000008-pseven-bus_all

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/07/13 03:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。