食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 海外 > 味の素    北米冷凍食品事業を強化へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

味の素    北米冷凍食品事業を強化へ

アメリカ

 

■ 味の素 北米冷凍食品事業を強化へ

 

2015年6月1日、味の素は、北米での冷凍食品事業を強化するため、冷凍麺生産工場を建設すると発表した。

 

味の素グループと東洋水産が2015年4月に設立した冷凍麺生産会社「味の素東洋フローズンヌードル社」(ATFN社)が、2016年7月の生産開始を目指し冷凍麺生産工場を建設するという。

同工場では「日式ラーメン」を中心とした高品質でスペシャリティを有する冷凍麺を製造。

味の素ウィンザー社が販売を担当する。

 

北米の冷凍食品市場は約400億米ドル(約5兆円;2014年度当社推定)。

そのうち日本食・アジア食カテゴリーにおける冷凍麺市場は約1.8億米ドル(約220億円)で、毎年2桁伸長を続けている。

また、北米では都心部を中心に「日式ラーメン」ブームが起きており、1杯15米ドルのラーメンに行列ができるなどの現象が見られている。

 

こうした環境の中で、ATFN社が約25百万米ドル(約30億円)を投じて、冷凍麺の生産工場を建設するという。

 

味の素グループは2014-2016中期経営計画において、北米は冷凍食品事業を核とし、事業規模拡大の加速をめざす重要エリアと位置付けている。

巨大な北米冷凍食品市場において、他社に先駆けて日本食・アジア食の冷凍麺市場を開拓し、圧倒的なNo.1の地位を確立し、“味の素ブランド”の浸透を目指す。

 

 

<設備投資概要>


先行して販売している冷凍の「日式ラーメン」
「AJINOMOTO CHICKEN SHOYU RAMEN」

 

会社名:味の素東洋フローズンヌードル社
(英名:Ajinomoto Toyo Frozen Noodles Inc.)
投資額:約25百万米ドル(約30億円)

生産品目:冷凍麺(日式ラーメン、やきそば等)

生産能力:約8,600トン/年

完工:2016年6月(予定)

生産開始:2016年7月(予定)

発売開始:2016年8月(予定)

 

2015年6月1日 味の素

http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2015_06_01.html

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/06/02 09:47 ] 海外 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。