食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 広告 > 味の素    2015年5月7日「AJINOMOTOUmami Science Square」OPEN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

味の素    2015年5月7日「AJINOMOTOUmami Science Square」OPEN

神奈川県川崎市

 

■ 味の素 2015年5月7日「AJINOMOTOUmami Science Square」OPEN

 

 

 

 

2015年4月24日、味の素は、神奈川県川崎市にある同社川崎事業所が創立100周年となるのを機に、同事業所が立地している京急大師線・鈴木町駅前に見学施設「AJINOMOTO Umami Science Square」(味の素グループうま味体験館)を新設し、2015年5月7日から稼働開始すると発表した。

 

従来の「ほんだし」見学コースに加えて、うま味調味料「味の素」見学コースを新設し、2016年度には6万人の来場者の受入を目指すという。

 

施設の1階には、360度の4面スクリーンを使って、自然の恵みをおいしさに活かし、うま味が古代から現代の食事に受け継がれていることを紹介するシアター、うま味調味料「味の素」の資源循環型製造工程(バイオサイクル)のジオラマ(情景模型)、「味の素」の歴史展示コーナー、海外で販売している製品を紹介するコーナー、「味の素」のキャラクター「アジパンダ」グッズなどを販売する「アジパンダ」ショップを設置。

 

2階はMy「アジパンダ」瓶(6g)を作れる体験ルーム、うま味を体験するうま味ホール、料理教室用キッチンスタジオを設置している。

 

川崎事業所の周辺では大型マンションの建設・分譲が相次ぎ、若い世代の住民の方々が増加していることもあり、地域との良好な関係づくりの面から、隣接地に認可保育所を誘致したほか、敷地内にカフェも建設したという。

 

【新見学施設概要】

所在地:神奈川県川崎市川崎区鈴木町3番4号

構造:鉄骨造 地上2階建て。全館バリアフリー。

敷地面積:約3,300m2

延床面積:約2,400m2

投資金額:約14億5千万円

営業時間:9:30~16:00

休日:日曜、祝日、年末年始、工場の指定休日。

隣接施設:(1)認可保育所:社会福祉法人 伸こう福祉会 キディ鈴木町・川崎

(2)カフェ:BEAVER(ビーバー)

アクセス:京浜急行「京急川崎駅」から大師線に乗り、「鈴木町駅」で下車。徒歩1分。

 

 

【見学コース】

(1)「味の素®」コース:

「アジパンダ®」ホール→シアター見学→「味の素®」の資源循環型製造工程(バイオサイクル)のジオラマ(情景模型)→発酵タンク見学→「味の素®」瓶封入体験→うま味体験→「アジパンダ®」ショップ

(2)「ほんだし®」コース:

「アジパンダ®」ホール→シアター見学→「ほんだし®」製造工程見学→かつお節削り体験→
「ほんだし®」おにぎり試食→「アジパンダ®」ショップ

 

2015年4月24日 味の素

http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2015_04_24.html

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/04/27 09:20 ] 広告 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。