食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 市況 > 味の素     川崎に新包装工場建設へ

味の素     川崎に新包装工場建設へ

神奈川県川崎市

 

■ 味の素 川崎に新包装工場建設へ

 

2015年5月28日、味の素と子会社の味の素パッケージングは、味の素川崎事業所敷地内に新包装工場を建設すると発表した。

現工場では6ヶ所に分散している包装ラインを1棟に移設・集約し、併せて販売品種や包材仕様の見直し等により包装ライン数を大幅に削減。

また“少人化”“自動化”を進めて、生産性(一人当たり)を約30%高めるという。

完工は2017年5月の予定。

 

味の素パッケージング(A・PAC社)は国内に3工場を持つ、味の素グループの包装機能会社で、関東工場は川崎事業所の東側に隣接している。

同工場は1964年に「味の素」の包装を開始し、現在同社で包装している全製品の約50%を担う最大の拠点となっている。

工場内の包装工程は6ヶ所に分散して行われており、かつラインも多岐にわたるため、手作業の多い“労働集約型”の工場となっている。

 

今後は労働力の確保が一層難しくなると思われることから、新工場は“少人化”“自動化”型の体制へ移行し、事業構造の強化を目指すという。

 

新工場は川崎事業所内の物流センターの隣接地に建設し、包装ラインを1棟に集約。

また、販売品種や包材仕様の見直し等によりライン数を大幅に削減し、ライン稼働率を1.8倍に高めて効率化を図る。

さらに、一層の“少人化”“自動化”に向けて、2020年を目処にロボットやICT(情報通信技術)の活用検討をさらに進めていくとしている。

【新包装工場概要】

名称:味の素パッケージング株式会社 新関東工場

所在地:神奈川県川崎市川崎区鈴木町1-1

建物:建築面積 5,330㎡、延床面積 8,770㎡、鉄骨構造2階建

包装品目:調味料類(「味の素®」「ほんだし®」等)、甘味料(「パルスイート®」)、

アミノ酸スポーツサプリメント(「アミノバイタル®」等)他

包装能力:約2,400千ケース/年

設備投資額:約41億円(建物、設備、工事費等)

完工:2017年5月(予定)

 

味の素2015年5月28日

http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2015_05_28.html

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/05/29 08:55 ] 市況 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon