食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > アユのだし薫る醤油発売     下呂市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アユのだし薫る醤油発売     下呂市

岐阜県下呂市

■ アユのだし薫る醤油発売 下呂市

 

岐阜県下呂市の南飛騨馬瀬川観光協会が、地元特産の天然アユのだしを使ったしょうゆ二種類を発売したという。

 

この醤油、岐阜市の山川醸造とのコラボレーション商品。

釣り名人として知られる観光協会事務局長の尾里さんが、自ら馬瀬川で釣ったという天然アユを炭火で素焼き。陰干しした一尾を丸ごと、しょうゆに漬け込んで作るとか。

 

発売したのは、卵かけご飯用の「まぜひかり卵かけごはん」と、刺し身や冷ややっこ用の「七里十里五十淵(しちりじゅっさとごじゅっぷち)」。

アユ独特の上品な風味が特徴。

 

2015年2月に試験発売したところ、売り上げが計500本と好調なため、山川醸造では量産態勢に入ったという。

 

いずれも1本200ミリリットル入りで、税込み600円。

 

 

山川醸造

https://www.facebook.com/yamakawajozo/photos/a.324040811027400.67844.321992081232273/789007851197358/?type=1&theater

中日新聞2015年7月1日

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20150701/CK2015070102000031.html

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/07/01 18:03 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。