食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 「熟女あかね」がさらに熟した   阿智村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「熟女あかね」がさらに熟した   阿智村

長野県阿智村

■ 「熟女あかね」がさらに熟した 阿智村

 

長野県阿智村で「熟女あかね」がさらに熟したらしい。

 

「熟女あかね」とは、「あかね焼酎委員会」が地元の伝統野菜「赤根大根」を原料につくった焼酎のひとつ。

 

同委員会は、2006年に赤根大根を使った最初の焼酎「あかねちゃん」を発売。

翌年には1年近く熟成させ「大人になったあかねちゃん」を発売。

さらに「あかねちゃん」を5年間寝かせてできあがったのが「熟女あかね」。

そして、2015年は6年間熟成させた超熟焼酎を造った、その名も・・・・さすがに婆の字は使えず、「清内路小町 熟女あかね」と名付けたという。

 

 

名付け親で、マスターソムリエでもある長野市の高野豊さんは、清内路小町熟女あかねについて「ウイスキーに近く、ダイコンの香りに複雑性があって楽しい」と、その味わいを表現している。

 

「清内路小町 熟女あかね」は、1本2580円。

アルコール度数は30度。

清内路地区のJAみなみ信州清内路店と長田屋商店で購入できるという。

 

阿智村 清内路

http://www.seinaiji.jp/osirase/archives/2015/06/post_543.html

 

中日新聞2015年6月28日

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20150628/CK2015062802000038.html

関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/06/29 05:16 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。