食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 話題 > 道場氏監修 「伊萬里牛駅弁」誕生  伊万里市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

道場氏監修 「伊萬里牛駅弁」誕生  伊万里市

佐賀県伊万里市


■ 道場氏監修 「伊萬里牛駅弁」誕生  伊万里市


2015年3月26日、佐賀県伊万里市で、著名な和食料理人である道場六三郎氏が監修したという「伊萬里牛弁当」が発表された。
この駅弁をメーンに、伊万里市では松浦鉄道(MR)の特別列車で食べてもらうツアーを企画するなど、福岡都市圏などの旅行会社に売り込み、観光誘客につなげたいとしている。


この駅弁、道場さんのほか、弟子で伊万里市出身の田中由示さんなども関わり、足かけ3年をかけて開発を進めてきたという。
駅弁づくりに道場さんも本腰を入れ、試作を5回繰り返したという。

女性や高齢者にも楽しんでもらえるよう味付けに配慮し、ロースとモモの薄切り肉をサンショウ風味で上品に味付けし、温かいご飯にのせた。
筑前煮やなます、すき焼き風味などを加え、多彩な味を楽しめる。

松浦鉄道での旅行企画は「夏ごろのスタートが目標」(市観光課)。
塚部市長は「人気が高まれば、定期的に運行するような形も模索していきたい」と話したという。

弁当は東京の食品会社が製造販売する。
MRの駅弁のほか、全国の物産展などでも少し内容を変えた弁当で売り出す予定という。


伊万里市で作って欲しいのだが、そうできない理由があるのだろうか?

佐賀新聞2015年3月27日
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/170795
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/04/22 00:41 ] 話題 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。