食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 日本産チョコ誕生するのか  南伊豆町

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本産チョコ誕生するのか  南伊豆町

静岡県南伊豆町


■ 日本産チョコ誕生するのか  南伊豆町



静岡県南伊豆町で、地熱を利用した純国産カカオの栽培研究が始まるという。

研究を行うのは、東京大とメリーチョコレート。
2015年3月19日、南伊豆町にある東大大学院樹芸研究所で、両者が、地熱を利用した純国産のカカオの栽培と商品開発に向けた共同研究を始めるのだ。

2015秋までには商品化を目指すという。

メリーの吉田社長は「東京大の研究を生かし、日本生まれのチョコレートを作りたい」と話したという。


研究所の所長で、生命科学研究科の鴨田重裕准教授によると、同大は約50年前から温泉の熱を温室に利用し、熱帯植物のカカオを栽培する研究をしている。
現在、温室には2本のカカオの木があり、年間約80個の実を収穫できるという。

共同研究では、カカオを安定的に増殖・栽培する技術を開発し、「東京大学カカオ」のブランドを確立する。
商品化のための生産システムも構築する。
2015秋は、現存のカカオの木から収穫した実で少量生産し、販売する予定。
 
今後、収量を増やすためには、栽培地の拡大も必要となる。
吉田社長は「地元の農家の協力を得ながら取り組み、地域おこしにも貢献したい」と話したという。

南伊豆町生まれのチョコレートは、おいしそうだ。







静岡新聞2015年3月20日
http://www.at-s.com/news/detail/1174178480.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/25 13:53 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。