食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 海外 > 台湾 児童の7割超が栄養バランスに偏り

台湾 児童の7割超が栄養バランスに偏り

台湾


■ 台湾 児童の7割超が栄養バランスに偏り


2015年3月18日、台湾で、子供の福祉活動の発展を推し進める公益団体「児童福利連盟文教基金会」が、児童の飲食習慣に関する調査結果を発表した。

これによると、台湾の児童の72.1%が食事の栄養バランスがとれていないことが明らかになったという。


不足している割合が最も高いのは乳製品(57.9%)。
半数以上の児童が毎日摂取できていなかった。

また、スナック菓子やインスタントラーメンなどのおやつや軽食を「食事」とした経験のある児童は26.1%に上った。

週3日以上夕食を外食で済ませる児童の割合は35.6%。
毎日外食すると答えた割合も8.6%いた。

両親と一緒に夕食を取る頻度については、22.8%が週の半分以下、8.6%は全くないと答えた。
週3日以下の児童に偏食傾向がみられる比率は15%と、毎日一緒に食事をする児童(8.3%)の1.8倍だった。


同団体は、飲食習慣は子供の健康に大きな影響を与えるとして、保護者に対して、子供の食生活に注意するよう呼びかけている。

この調査は、2014年12月22日から2015年1月20日まで、小学校高学年の児童を対象にアンケート形式で行われた。
有効回答数は1440件だった。

台湾では、賑やかな屋台文化が根付いていることや、女性の社会進出などもあり、特に都市部では外食がかなり根付いている印象がある。
しかし栄養的には家庭で食事をする頻度を増やした方が良いと言うことなのだろう。


中央社フォーカス台湾 2015年3月18日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00000004-ftaiwan-cn
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/04/19 00:01 ] 海外 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon