食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 海外 > たばこ購入年齢引き上げを提案  アメリカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たばこ購入年齢引き上げを提案  アメリカ

アメリカ

■ たばこ購入年齢引き上げを提案  アメリカ


米医学研究所(IOM)は、たばこを購入できる年齢を18歳以上から21歳以上に引き上げることを支持する報告書をまとめた。
議会が食品医薬品局(FDA)に調査を求め、FDAがIOMに委託した研究の結論だという。



IOMの報告書によれば、購入の最低年齢を21歳に引き上げれば、喫煙者数は12%減少し、2000~2019年生まれの人たちのたばこ関連の早死には24万9000人減少すると推定。
また、早産児が約28万6000人、低出生体重児が43万8000人減少すると見込まれるという。

この報告書に対するたばこメーカーの反応はまちまちだ。
マルボロを主力ブランドとするアルトリア・グループは同日、最低年齢の引き上げについては地方自治体はFDAと議会に権限を委ねるべきだとし、ニューポートを製造するロリラードは現行の最低年齢を支持すると表明している。
キャメルのレイノルズ・アメリカンは、「若者が喫煙するのには反対であり、最低年齢の引き上げは重要な検討課題であるとの点に同意する」と述べている。



全国レベルのたばこ購入の法定最低年齢の引き上げは議会に権限があり、州や都市は管轄地域内での権限を持っている。
すでにニューヨークやエバンストン(イリノイ州)、コロンビア(ミズーリ州)、マサチューセッツ州の約50都市などでは、最低年齢が21歳に引き上げられている。
しかし、大半の州では18歳で、4州が19歳だ。


米国の喫煙者は推定4200万人。
疾病対策センター(CDC)の2013年の統計によると、調査日までの30日間に喫煙した高校生は約16%で、1999年の35%、2009年の19.5%から低下している。

公衆衛生局長官の13年の統計によれば、喫煙者の約3分の2は18歳になる前から喫煙を開始している。
10代の若者はニコチン摂取量が少なくてもニコチン依存症になりやすいという。

タバコ・コントロール誌が2月に発表した報告書では、購入最低年齢を21歳に引き上げることに、米国民の70%超、現在喫煙している人たちの58%が賛成している。
また大半の人たちが、十代で喫煙をしないことが重要だとしている。

WSJ2015年3月13日
http://jp.wsj.com/articles/SB10030317691824024149004580515103762666876
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/04/09 00:17 ] 海外 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。