食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 海外 > マカオ 2014年カジノ低迷でマイナス成長 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マカオ 2014年カジノ低迷でマイナス成長 

マカオ

■ マカオ 2014年カジノ低迷でマイナス成長 


2015年3月13日、マカオ統計調査局が発表した2014年の実質GDP(域内総生産)は、2013年比で0.4%減の4433億パタカ(約6兆7000億円)だった。

マカオが中国に返還された1999年以来、15年ぶりのマイナス成長。

カジノ収入の大幅減などが響いた。
2013年は10.7%増だった。 


低迷の大きな中国共産党による役人の汚職取り締まり強化。
マカオは中国人にとってマネーロンダリングの地といわれている。

中国は本土以外に年間5万ドル以上の送金は禁止されているのだが、マカオでは仲介業者や地下銀行などを使い役人による多数の海外送金・不正蓄財が行われている疑いがある。
事実、マカオの仲介業者が摘発されたこともある。

これが原因で、中国政府はビザの発給条件を厳しくし、ハイローラーと呼ばれる超富裕層が激減しているのだ。

中国の役人でもっていたマカオ。

時事通信2015年3月13日
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%80%81%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%B9%B4%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E6%88%90%E9%95%B7%EF%BC%9D%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%8E%E4%BD%8E%E8%BF%B7%E3%81%A7%E2%80%95%EF%BC%91%EF%BC%94%E5%B9%B4/ar-AA9IUlv
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/14 06:15 ] 海外 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。