食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 地域 > 「かあちゃんの店」再建へ 新宮市

「かあちゃんの店」再建へ 新宮市

和歌山県新宮市

■ 「かあちゃんの店」再建へ  新宮市


 
和歌山県新宮市にあった「かあちゃんの店」。
地元住民でつくる「熊野川産品加工組合」が運営する物産販売所だ。
国道168号沿いの道の駅「瀞峡街道熊野川」に隣接し人気の店だった。


しかし2011年の紀伊半島大水害で全壊してしまった。
その店が、2015年3月、被災3年半目にしてようやく再建された。

被災11カ月後には仮店舗で営業を再開したが、プレハブで広さが約13平方メートルと狭いことから食堂スペースがなく、一時的な営業再開だった。

新しい店は広さ72平方メートル。
前の店より少し広く、熊野産のスギを使うなど周辺の景観にマッチした造り。
名物の茶がゆを提供する食堂も加わり本格復旧となる。
入り口付近に商品棚、奥に食堂を設けている。
4人がけテーブル三つと2人がけテーブル一つのほか、カウンター席がある。
総工費は約1千万円で、県と市から補助を得た。


棚には名物のよもぎ餅、めはりずし、サンマずし、漬物、茶のほか、地元産の野菜や農作物加工品が並ぶ。

食堂のメニューは茶がゆ、めはり、うどんの各定食のほか、軽食やコーヒー、ジュースなどがある。
総菜5品の「かあちゃん定食」も新しく加わった。

営業時間は午前9時~午後4時。
食事は午前11時~午後2時。
定休日は第2水曜。


かあちゃんの店
http://tabelog.com/wakayama/A3005/A300501/30000321/

【本格復旧でオープンした「かあちゃんの店」の店内(和歌山県新宮市熊野川町で)】

2015年3月10日紀伊民報
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=290502
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/10 05:13 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon