食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 海外 > 愛犬家のリッパート駐韓米大使に犬肉差し入れ  韓国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛犬家のリッパート駐韓米大使に犬肉差し入れ  韓国

韓国

■ 愛犬家のリッパート駐韓米大使に犬肉差し入れ  韓国


2015年3月7日、ソウル市内で刃物で切りつけられ病院に入院しているマーク・リッパート駐韓米大使に、韓国人の70代の男性が、犬肉などを持って病院を訪れたという。

2015年3月8日、中国・新華社が報じたもの。
男性は、大使を激励するため病院を訪れたという。
手土産として持って行ったのは犬肉とワカメのスープだった。
韓国では、手術後の回復に効果があるとして犬肉を差し入れる習慣がある。


残念ながらリッパート大使は、ソウル市内の邸宅近くで飼い犬の「グリグスビー」を散歩させるなど、愛犬家として知られており、病院側も男性の申し出を丁重に断ったという。

Record China 2015年3月8日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00000019-rcdc-cn
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/08 17:20 ] 海外 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。