食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 新製品 > 持ち歩ける日本酒ボトル 「生原酒 ボトル缶」発売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

持ち歩ける日本酒ボトル 「生原酒 ボトル缶」発売


■  持ち歩ける日本酒ボトル 「生原酒 ボトル缶」発売


2015年2月25日、日本盛は「生原酒 ボトル缶」などボトル缶入りの日本酒を発売した。

生原酒は、日本酒製造後に一切の火入れ(加熱処理)や割り水(希釈)を行っていないお酒のこと。
生原酒は非常にデリケートな酒で、品質管理が難しい為、これまでは限定的な提供に留まり日常的に楽しむことは難しかった。

しかし今回発売した商品は、生酒専用充填設備(高性能濾過、無菌充填)で製造し品質の安定化を行うとともに、品質保持性の高いボトル缶でご提供する事で、長期間の常温流通を可能にしたため常温保管で約8か月の賞味期間が可能となった。

商品は、「日本盛 生原酒 200mlボトル缶」(参考価格280円)と「日本盛 生原酒 大吟醸200mlボトル缶」(同345円)の2種類。
2015年2月25日から全国で発売する。(一部コンビニでは先行発売)


ボトル缶のためキャップを閉めることも出来、携帯して手軽に楽しめる。
味は「日本盛 生原酒 200mlボトル缶」が、コクと旨み豊かで濃醇な味わいと、生原酒ならではの鮮度感あふれる豊かな香りが特長。
「日本盛 生原酒 大吟醸200mlボトル缶」は、生原酒だからこそ映える華やかに香る贅沢な吟醸香と、深みがありながらもすっきりとした喉ごしが特長。

 
日本盛
http://www.nihonsakari.co.jp/news/p/149
読売新聞2015年3月2日
http://www.yomiuri.co.jp/economy/pnews/20150302-OYT8T50019.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/15 09:15 ] 新製品 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。