食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > 新製品 > 馬路村「ごっくん馬路村」 賞味期限3倍の缶発売へ

馬路村「ごっくん馬路村」 賞味期限3倍の缶発売へ

高知県馬路村


■ 馬路村「ごっくん馬路村」 賞味期限3倍の缶発売へ


ゆず飲料「ごっくん馬路村」で知られる馬路村農協は、高知県産ユズを使った初の缶入り飲料「ユズカン」を発売することになったという。

2015年3月5日、高知新聞が報じている。

現在ある瓶入りの「ごっくん馬路村」は賞味期限が4カ月と短く、店頭販売は四国が中心になっていた。
缶入りの「ユズカン」は賞味期限が1年に伸びた。
また味の点でも、「ごっくん馬路村」よりも甘さを抑え、ユズ本来の香りや酸味を生かすなど工夫しているという。
農協では「首都圏などに売り込みたい」としている。


1988年発売の「ごっくん馬路村」は、年間約700万本を売る馬路村農協のヒット商品。
このほかペットボトル入りのユズ飲料もある。
しかし、これら商品は外光による変色や風味の変化が起こりやすい上、消費者から「瓶の処理に困る」などの声が寄せられていたという。

そこで、遮光性が高く、飲んだ後は小さくつぶすことができるアルミ缶飲料の商品化を計画。
2014年10月、ユズの販路開拓に力を入れる高知県の事業や馬路村の補助金の採択を受け、約2億1200万円かけて馬路村農協内の加工場に製造ラインを新設した。

「ユズカン」は既存商品と同様、保存料などは使わず、遮光性と窒素の充填(じゅうてん)による酸化防止で賞味期限を3倍に延ばした。
1缶270ミリリットル入りで税込み150円。
既に2015年3月3日から生産に入っており、店頭のほか、通信販売でも順次販売する。

東谷組合長は「賞味期限の問題で取引が難しかった地域にも積極的に商品を売り込める。立ち止まることなく、常に新しい策を考えていきたい」と話している。







馬路村農協
http://www.yuzu.or.jp/blog/hibi-umaji/2015/03/post-1031.html
http://www.yuzu.or.jp/
高知新聞2015年3月5日
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=334268&nwIW=1&nwVt=knd
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/06 14:16 ] 新製品 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon