食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 学術 > 世界最大級のイカ、タコ化石  北海道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界最大級のイカ、タコ化石  北海道

北海道

■ 世界最大級のイカ、タコ化石  北海道


2015年3月5日、北九州市立いのちのたび博物館は、北海道羽幌町の約8500万~8千万年前(白亜紀後期)の地層から、イカとタコの下顎部分の化石2点が見つかったと発表した。
ともに新種で、下顎の化石としては世界最大級という。

イカは全長10~12メートルと推定、現生する無脊椎動物では最大級のダイオウイカに匹敵するか、それ以上の可能性があるとしている。

タコは全長2・4メートルと推定される。

博物館は「白亜紀後期の北太平洋は、首長竜などの大型生物のほかに巨大なイカ、タコ類も栄えていた」と分析している。

いのちのたび博物館
http://www.kmnh.jp/
共同通信2015年3月5日
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015030501000693.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/30 00:00 ] 学術 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。