食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 開店 > 「カフェ ネスカフェ 原宿」  2015年2月28日グランドOPEN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「カフェ ネスカフェ 原宿」  2015年2月28日グランドOPEN


■ 「カフェ ネスカフェ 原宿」  2015年2月28日グランドOPEN


ネスレ日本は、2010年に原宿にオープンした「カフェ ネスカフェ 原宿」を、新たに「ネスカフェ」の旗艦店として全面リニューアル。
“五感”で楽しむことをコンセプトにした「体験型カフェ」として、2015年2月28日にグランドOPENさせた。


「ネスカフェ」は、家庭だけでなく、レストランなどのお店でも実際に提供されている。
この「ネスカフェ」の認知向上、浸透拡大を図っていくため、2010年から「カフェ ネスカフェ 原宿」を運営してきたが、この店を旗艦店として装い新たにグランドOPENさせることになった。

店舗のテーマは“五感”で楽しむ「体験型カフェ」。
「味わう」・「聞く」・「香る」・「触れる」・「見る」の五つの要素にこだわった空間づくりを行ったという。

たとえば店内の中央に設置された体験コーナーでは「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」と、「ネスカフェ ドルチェ グスト」 2種類のコーヒマシンを実際に体験できる。
「1day フリーマグ」(1,000円、税込)をご注文すると、滞店中であれば、2種類のコーヒマシンから何杯でも好みのカフェメニューを試せるという。

また、体験コーナーでは、感情認識パーソナルロボットPepperが常駐し、Pepperとの会話を通じて、「ネスカフェ」のコーヒー
マシンについてさらに詳しく知ることができるとか。

テーブル席には、「ネスカフェ」で使用しているコーヒー生豆を店内で毎日焙煎して、アロマポットとして各テーブルに置いている。

店内中央には巨大スクリーンが設置されており、ショートフィルムを定期的に上映している。

店内はコミュニティースペース、 ラウンジスペース、そして自宅にいるようにくつろいで座れる階段式スペースなどがあり、その日の気分にあわせて過ごし方を選べるレイアウトとなっている。

メニューは、メイン、サラダ、パテなどを好みで組み合わせて自分だけのセットを楽めるプレートメニュー(880円~、税込)。

ほかに「ネスカフェ」の新しいデザートのかたちとして、素材にこだわり、トリュフオイルやオマール海老を使用したソルティタイプや、ケーキ生地の中にバナナジャムやあずきが入った2つの食感を楽しめるデザートタイプなど、全5種類のマグケーキを用意した。(各380円、税込)





ネスレ
http://www.nestle.co.jp/media/pressreleases/allpressreleases/20150227
産経新聞2015年2月27日
http://www.sankei.com/economy/news/150227/prl1502270166-n1.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/28 00:14 ] 開店 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。