食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 市況 > 缶コーヒーが寄与 アルミ缶需要増

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

缶コーヒーが寄与 アルミ缶需要増


■  缶コーヒーが寄与 アルミ缶需要増


アルミ缶リサイクル協会は、2014年のアルミ缶国内需要量(速報値)が2013年比4%増の約201億6000万本であったことを発表した。
1977年の統計開始以来、初めて200億本を超えたことになる。


2015年2月15日、読売新聞が報じている。

缶ビールでのアルミ缶需要は減っているものの、缶コーヒー向けが出荷増になっているという。

たとえば飲料最大手の日本コカ・コーラは、容器の軽量化などを図るため、2014年4月からミルク入り缶コーヒーにアルミ缶を使い始めた。
2015年は、アルミ缶採用がさらに増える見通しで、2015年の国内需要量は217億本を見込んでいるとのこと。

この需要増を受け、昭和電工がアルミ缶の生産能力を増強するなど、製缶メーカーも対応を進めている。







読売新聞2015年2月15日
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150214-OYT1T50133.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/24 00:11 ] 市況 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。