食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 海外 > 日本の「鉄瓶」人気  中国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本の「鉄瓶」人気  中国

中国

■ 日本の「鉄瓶」人気  中国


中国で、日本の鉄瓶が人気になっているという。

中国式茶道の「安吉白茶」の創設者である周海明氏によると、骨董品を中心に、鉄瓶の価格は過去4年間で10倍以上になっているとか。


周海明氏は、茶道具の収集家でもある。
湯沸し用の道具としては鉄瓶だけでなく、銀製、銅製などを含め1000点以上を所有している。
中でも、最も気に入っているのは日本の鉄瓶だ。


理由は「茶で最も大切なのは水の質です。多くの人が苦労して、さまざまな場所の湧水を手に入れています。でも、鉄瓶というのは“浄水器”の働きをしてくれるんです。水道水を使っても、上質の湧水のような甘い味に変えてくれます」とのこと。

周氏は、鉄瓶で沸かした湯には必要な鉄分が含まれているので、健康にもよいと説明しているという。

中国茶の場合、鉄瓶に特に適しているのは、煮出して飲めるタイプのお茶。
たとえば鉄瓶でプーアル茶を煮出すと「まさに絶品」になる。

日本の鉄瓶については、鉄の質だけでなく、「代々伝承されてきた、精巧な技による工芸」も高く評価されているという。


中国では鉄瓶の内部がさびているのを見て、「これはダメだ」と思う人もいる。
周氏はあるとき、「多少はさびがあってもかまわない。(手入れをしながら)そのまま使い続ければよい」ことを知ったという。
言葉で説明しても納得してもらうのは難しいので、「飲まず嫌い」をしている人には、その鉄瓶でたてた茶を飲んでもらうことにした。
とたんに日本の鉄瓶に対する評価が一変するという。


周氏によると、4年前と比べて日本製鉄瓶の価格は10倍以上になった。
4年前には数百元から数千元で、高くても1万元を超えるものは少なかった。
現在は1万元(約19万円)以上のものもめずらしくなく、100万元(約1898万円)を超えるものも出現した。

しかし本当の問題は、よい鉄瓶が「なかなか見つからなくなってしまったこと」らしい。

日本の高いものは、中国でなんでも売れるらしい。
聞いたところによると、赤・金などの色が使われた派手なものほど良いと言うことでしたが、鉄瓶のような渋いデザインのものも人気とは。
恐るべし、中国の購買力。






Searchina2015年3月3日
http://biz.searchina.net/id/1563574?page=1
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/07 20:05 ] 海外 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。