食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 事件 > 虫よけ剤 屋外での効果は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

虫よけ剤 屋外での効果は?


■ 虫よけ剤 屋外での効果は?


2015年2月20日、空間用虫よけ剤がベランダなどの屋外でも室内と同じ効果があるように表示したのは景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして、消費者庁は、アース製薬(東京)、フマキラー(同)、大日本除虫菊(大阪)、興和(名古屋)の4社に対し、再発防止を求める措置命令を出した。

措置命令の対象となったのは、アース製薬の「バポナ虫よけネットW」など8商品、フマキラーの「虫よけバリア」など7商品、大日本除虫菊の「虫コナーズ」など11商品、興和の「ウナコーワ虫よけ当番」など4商品の計30商品。


発表によると、4社は2011年4月以降、商品のパッケージなどに、使用場所として屋外を例示した上で、使用期間を「240日用」などと表示し、屋内と同じような効果があるように誤認させた。

いずれの商品にもユスリカやチョウバエを遠ざける効果自体はあったが、同庁の調査で、4社が屋外での効果を確かめる際、風通しの悪い場所で試験したり、試験回数が少なかったりしていたことが判明。
「屋外での効果を証明できる資料がなく、表示には合理的な根拠がない」と判断したという。


アース製薬とフマキラーは効果範囲に関する表示を削除するなどの変更を済ませ、大日本除虫菊と興和は今後、表示を変更する予定。

同庁によると、これらの商品で、大日本除虫菊は13年12月までに約106億円、アース製薬と興和は14年3月までにそれぞれ約54億円と約16億円、フマキラーは14年12月までに約14億円を売り上げていた。

アース製薬、大日本除虫菊、興和は「措置命令を真摯(しんし)に受け止め、再発防止に努めたい」などとコメント。フマキラーは「措置命令の内容を精査し、今後の対応を決定したい」としている。


まぁ風が吹けば無理だろうなぁという気はしますが。








フマキラー
http://www.fumakilla.co.jp/ir/other/post-71.html
アース製薬
http://www.earth-chem.co.jp/attention/1502_002net.html
読売新聞2015年2月21日
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150220-OYT1T50098.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/20 07:23 ] 事件 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。