食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 海外 > 物資不足で「行列屋」流行  ベネズエラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

物資不足で「行列屋」流行  ベネズエラ

ベネズエラ


■ 物資不足で「行列屋」流行  ベネズエラ


経済悪化で生活物資の不足が深刻な南米ベネズエラ。
この国で、買い物の列に並ぶという「行列屋」が登場しているらしい。

行列屋の朝は早い。
夜明け前から店の前にならび、警官を避けたりわいろを渡したりしながら、後ろに長い列ができた頃合いで、その順番の権利を売るという。
日本なら買い物までして商品を売るのだが、ベネズエラは列の権利を売るらしい。
そんなベネズエラの「行列屋」だが、需要は高く、収入も悪くないという。

ロイターが取材した行列屋の23歳の青年は「退屈だが生活手段として悪くはない。おしゃべりして時間をつぶす。会話が面白くなければ携帯電話で遊ぶ」と話したという。

ちなみにこの行列屋相手に、椅子の貸し出しやジュース販売を行うという新商売も次々出現しているらしい。
ベネズエラでは行列屋が一大産業分野になるのだろうか。


ロイター2015年1月22日
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0KV0S020150122
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/01 19:22 ] 海外 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。