食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 事件 > わざと行列つくった  店主収監  ベネズエラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

わざと行列つくった  店主収監  ベネズエラ

ベネズエラ


■ わざと行列つくった  店主収監  ベネズエラ



2015年2月1日、ベネズエラのマドゥロ大統領は、あるチェーン店のオーナーを、”わざと行列を作った”疑いで、収監したことを明らかにした。

日本では新装開店、新製品の発売などで、人気を煽るため、広告・マーケティングの関連の会社が行列を作らせることもあるようだが、ベネズエラではそんなことをすれば逮捕されるのか?


と思ったら、事情はちょっと違うようだ。
この店のオーナーは、店の人気を煽るためではなく、政府に対する国民の反感を煽るために行列を人為的に作り出したのだというのだ。
オーナーは、店内のレジ係の数を意図的に減らすことで、行列をわざと作り出したとされている。

ベネズエラでは小麦や鶏肉、オムツなどの生活必需品が慢性的に不足。
これらの品を手に入れるために長い行列ができることも珍しくない。
国民は,こうした事態に政府に反感を持っているといわれるのだ。


エコノミストは、品不足の原因として、政府による輸入業者のドル取得を制限する通貨規制や国内生産減少を指摘する。
しかし大統領は、こうした意見に対して、政権転覆を狙う貪欲なビジネスエリートが「経済戦争」を仕掛けている、と主張している。

マドゥロ大統領は、支持者らを前に演説し「ある有名チェーンが陰謀をめぐらせ、市民をいらだたせたことが発覚した。オーナーは逮捕、収監された」と述べた。
問題のチェーン店は国家が接収する、という。


ロイター2015年2月2日
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0L609T20150202
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/16 18:27 ] 事件 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。