食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 市況 > 国内肥料2社が合併へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国内肥料2社が合併へ


■ 国内肥料2社が合併へ

化学肥料大手で丸紅系の片倉チッカリンと、JA系のコープケミカルが、2015年10月1日付で合併することになった。
国内最大の肥料会社が誕生することとなる。

合併は効率化により経営基盤を強化するのが狙い。
肥料価格を下げることで国産の農作物の国際競争力向上につなげたいとしている。

合併は片倉がコープを吸収し、社名は「片倉コープアグリ」となる。
社長には片倉チッカリンの野村社長が就く。


平成26年3月期の売り上げは、片倉チッカリン21,959百万円(純利益531百万円)、コープケミカルは22,762百万円(純利益139百万円)。
規模的に両者はそれほど変わらないものの純利益では片倉チッカリンが多くなっている。
同期の株式配当は片倉10円、コープ0である。
合併比率は片倉チッカリン株式1に対して、コープケミカル株式0.275を割り当てる。

合併後は全国農業協同組合連合会(JA全農)が筆頭株主、丸紅が第2位の株主となる見通し。
両社とも東京証券取引所第1部に上場しており、合併後の新会社も上場が継続される見込み。

コープケミカルはなぜ収益力が弱かったのだろう・・・・TPPをにらんだ動きか。


片倉チッカリン
http://www.chikkarin.co.jp/ir/PDF/financialreport/2015/1503goubenn.pdf
2015年2月17日京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20150217000128
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/17 14:41 ] 市況 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。