食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 越冬木熟ミカン収穫  田辺市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

越冬木熟ミカン収穫  田辺市

和歌山県田辺市

■ 越冬木熟ミカン収穫  田辺市



和歌山県田辺市の「越冬木熟ミカン」といえば、糖度が高くて口当たりがよく、紀南地方の高級ミカンとして知られている。
大半の早生ミカンは年内に収穫が終わるが、市内大坊地区・芳養町では87軒の農家が約60ヘクタールで早生種を栽培。
昔から年を越して1、2月に収穫するケースが多いという。

大坊地区は、田辺湾や白浜温泉が見下ろせる山の南側斜面にミカン畑が広がる。
そんな日当たりがよく霜が降りにくい土地柄。
そんなことから越冬みかんの栽培適地となり、糖度11~13度と甘い「大坊ミカン」として出荷されている。
大坊ミカンは関東や中京方面に出荷され、市場で1キロ300~500円で取引されているという。


産経新聞2015年2月4日
http://www.sankei.com/region/news/150204/rgn1502040074-n1.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/10 04:49 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。