食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 市況 > 米コカ・コーラ 業績悪化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米コカ・コーラ 業績悪化

アメリカ

■ 米コカ・コーラ 業績悪化



米清涼飲料大手コカ・コーラの業績が低迷している。
消費者の健康志向のため看板商品のコーラが低迷しているのが大きな要因だ。
このため従業員の高額報酬が著名投資家のウォーレン・バフェット氏ら大株主からやり玉に挙げられる事態に至っているとか。

危機感を強めるコカ・コーラは、植物由来の“緑のコーラ”の開発など商品戦略の見直しや、リストラの加速に乗り出しているという。


米投資会社バークシャー・ハサウェイを率いるバフェット氏は、コカ・コーラ批判の急先鋒。
バークシャーはコカ・コーラ株の約9%を保有する筆頭株主。
バフェット氏は、子供の頃から大の「コーク好き」で、これまでコカ・コーラを「米国を代表する企業ブランド」と高く評価してきた。

しかし現在の業績低迷が我慢ならなかったようで、批判を続けている。
批判の対象となっている一つが、コカ・コーラの「並外れた」従業員への報酬体系。
たとえばストックオプション(自社株購入権)だけでも、2011~13年の平均で、同社の発行済み株式の1・3%に達し、バフェット氏は「幹部に法外の報酬をもたらす『宝くじ』だ」と批判している。

同じくコカ・コーラの大株主である米投資会社のウィンターグリーン・アドバイザーズも2014年3月、他の株主と共同でコカ・コーラ経営陣に公開書簡を送り、報酬の見直しを迫った。

株主達は、コカ・コーラの低迷に我慢がならないようだ。


これに対し、コカ・コーラは当初、「長期的には業界の標準水準内にあり、(批判は)事実を反映していない」と突っぱねていた。
コカ・コーラの幹部社員はストックオプションの実現にあたっては、業績目標の達成も求められている。
ムーター・ケント会長兼最高経営責任者(CEO)は2012年の報酬が3割超も下がったが、会社として業績目標を達成できなかったためだ。

だが、ストックオプションによる株主価値の希薄化を批判する声はやむことがなく、コカ・コーラはついに報酬制度を見直すと2014年10月に発表した。


新制度では、ストックオプションを発行済み株式の0・8%以下にとどめ、ストックオプションの権利行使に伴う株式価値の希薄化を抑えて、報酬の透明性を高めるとしている。
株主の意見も参考にしたとしており、米紙ウォールストリート・ジャーナルは「コカ・コーラがバフェット氏の圧力に屈した」と伝えた。


もちろんストックオプションだけが問題ではない。
コカ・コーラの業績に最も影響を与えているのが、消費者の健康志向だ。

「肥満体国」の米国を中心に世界的な健康志向で、炭酸飲料の消費が頭打ちになっている。
さらに行政からのプレッシャーもある。
ニューヨーク市をはじめ炭酸飲料の規制強化の動きが相次いでいるのだ。


このためか2014年7~9月期決算は、最終利益が前年同期比13・6%減の21億1400万ドルと大きく落ち込み、減収減益を余儀なくされた。
出荷量が本国の北米で1%減となるなど低迷が続いているほか、景気が低迷している欧州も5%減とふるわなかった。
ドル高基調で推移した外国為替相場や、瓶詰事業の再編成に関わる費用も減益要因だ。




コカ・コーラがその対策として2014年8月から発売を始めたのが「コカ・コーラ・ライフ」だ。
話題を集めたのが商品ラベルの背景色。
コカ・コーラの象徴だった赤色から、鮮やかな緑色に変えたのである。

この緑は、甘味料として使っている植物ステビアをイメージしたという。
砂糖の使用を抑えめにすることで、オリジナルより低カロリー。
人工甘味料も使っていないため、味わいもよりナチュラルだという。

また、コーラだけに頼るのではなく、お茶などの非発泡性飲料に注力せざるを得なくなっているのが現状だという。

コカ・コーラは合理化策も強化している。
2019年までに年間10億ドルのコスト削減を行うとしていた中期目標について、削減額を3倍の30億ドルまで引き上げル決定を行ったのだ。


アメリカの象徴の一つだったコカ・コーラの低迷。
日本でも、ブームとなった”トクホコーラ”を機動的に市場投入できないところを見ても、組織がかなり硬直化しているのではなのか?と、思えてしまうのである。


iza2014年11月11日
http://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/141111/ecn14111108000001-n1.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/09 20:37 ] 市況 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。