食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 海外 > 「広義の被弾」とは言わなかった 米NBCキャスターうそ発覚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「広義の被弾」とは言わなかった 米NBCキャスターうそ発覚

アメリカ

■ 「広義の被弾」とは言わなかった 米NBCキャスターうそ発覚


2015年2月7日、米NBCテレビのキャスター、ブライアン・ウィリアムズ氏が、出演中のニュース番組を「数日間」降板すると発表した。
イラク戦争を取材中の2003年、搭乗したヘリコプターがロケット弾に被弾したかのように語ってきた内容がうそだと発覚し、2月4日に謝罪していた。


ウィリアムズ氏は04年から、全米ネットのテレビ各局が看板キャスターをそろえる平日夕方のニュース番組を担当している。
本人は復帰する意向を示しているが、時期は明らかにしていない。

米メディアによると、NBCはウィリアムズ氏に同様のうそや誇張の事例がなかったか調査を始めたという。


「広義の被弾」「降板させるのはジャーナリズムへの挑戦」「20年経ったら訂正すればいい」・・・そんなことを言って、日本のニュースキャスターなら守ってもらえたのに。
アメリカ人はなんて心が狭いのだろう。


共同通信2015年2月8日
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020801001242.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/07 23:25 ] 海外 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。