食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > サル捕獲用・大型囲いわな設置   関市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サル捕獲用・大型囲いわな設置   関市

岐阜県関市


■ サル捕獲用・大型囲いわな設置   関市



岐阜県関市は獣害対策として西神野八神地内にニホンザル捕獲用の大型囲いわなを設置した。
2014年7月の設置から12月までに11頭を捕獲。



関市内ではニホンザルによって農作物が荒らされる被害が多発。
また、ガラスを割って家屋へ侵入されるなど、生活面でも深刻な被害に悩まされてきた。
地域住民は田畑を電気柵で囲むなど防護してきたが、被害を完全に防ぐには至らなかった。 

囲いわなは縦12メートル横8メートル高さ約3メートルの大きさ。
中に置かれた餌を目当てにサルが入ると、壁の上部に返しがあるため、出られなくなる仕組み。

囲いわなの管理は、市が開催する講習を受け、見回りや餌の補充を行う「補助者」が行う。
地域住民の数人が補助者として囲いわなの管理に従事する。

今後の課題は餌の確保だという。
広さを生かして、囲いわなの内部で餌のトウモロコシなど作物を栽培したらどうかなどアイデアを出し合い、捕獲数アップを目指している。


NOSAI岐阜支局・2015年2月1週号
http://nosai.or.jp/mt/2015/02/post-1836.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/05 05:04 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。