食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 学術 > 豚・牛は自給飼料で美味しさアップ証明  岩手県

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豚・牛は自給飼料で美味しさアップ証明  岩手県

岩手県

■ 豚・牛は自給飼料で美味しさアップ証明  岩手県


2014年10月31日、岩手県農業研究センター畜産研究所(滝沢市)で、自給飼料を給与して生産した黒豚、肉用牛および肉用鶏の畜肉について、その美味しさを慣行肥育で生産したものと比べる「2点比較法」による嗜好型官能評価が実施された。

畜産研究所が試験で生産した畜肉4種の官能評価を企画したところ、東北農業研究センターや農業研究センター本部からも参加があり、過去最大の総勢38名による官能評価が行われた。

対象としたのは、豚肉及び牛肉はロース肉を切り出し塩味での焼肉、鶏肉はムネ肉のミンチ肉から煮出したスープで行った。
それぞれ飼料用米や大豆から調製した自給飼料を配合した飼料を給与して生産した4種の肉。


その結果、黒豚、黒毛和種及び日本短角種では自給飼料を配合したものが評価が高い傾向にあり、鶏肉では同等の評価だったという。



●対象とした肉
1飼料用玄米を75%配合・粉砕した飼料を給与した黒豚のロース肉
2規格外大豆を5%配合した飼料を給与した黒毛和種肥育牛のロース肉
3大豆ホールクロップサイレージ5kg/日と飼料用とうもろこしサイレージ20~30kg/日を給与した日本短角種肥育牛のロース肉
4飼料用籾米を30%配合した飼料を給与した肉用鶏のムネ肉

 
岩手県農業研究センター
http://www2.pref.iwate.jp/~hp2088/labo/14045_meat_sensory.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/06 06:59 ] 学術 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。