食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 「あなごファンド」であなごPR 堺市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「あなごファンド」であなごPR 堺市

大阪府堺市

■ 「あなごファンド」であなごPR 堺市



「堺もん」と呼ばれた堺のアナゴ。
これを全国にPRしようと、堺市のアナゴ専門店「松井泉」がインターネット販売事業支援を目的とした「堺名物あなごファンド」をつくり、出資者を募集している。


松井代表は「堺近海でアナゴはとれなくなってしまったが、アナゴの加工技術は堺ならではのもの。出資者と結びつきをつくり、全国に堺のアナゴのファンを増やしたい」としている。

かつて堺の出島港ではアナゴの延縄(はえなわ)漁が盛んで、美食家の北大路魯山人も「あなごの美味(うま)いのは、堺近海が有名だ」と記している。
堺区の土居川付近にはアナゴ店が並び「あなご屋筋」と呼ばれたが、臨海開発で漁獲量が減り、次々と閉店していったという。

松井泉は昭和43年創業のアナゴ専門店。
現在は、長崎県の対馬や韓国から仕入れ、焼きアナゴや煮込みアナゴ、八幡巻に加工して百貨店で直販したり、北新地のすし店などに卸したりしている。

アナゴの加工には、脂の乗りなどの目利きやさばき、頭や骨を生かしたダシの味付けなど技術が必要。
焼いてもやわらかく香ばしさの中にアナゴのうま味が余韻として残るのが「堺もん」の特徴だという。

松井代表はこれまでも市内の飲食店と新メニューを開発し、アナゴ料理が食べられる10店を載せた「堺あなごマップ」を発行。
さらに堺のアナゴをPRしていこうと、2014年12月にネット販売を開始したのをきっかけに、ネットを通じた小口出資を募ることにしたという。

募集総額は1050万円。
申し込みは1口3万円(別途手数料1710円)で1人上限33口とのことだ。

松井泉
http://www.matsuiizumi.co.jp/
産経新聞2015年2月3日
http://www.sankei.com/region/news/150203/rgn1502030057-n1.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/02 07:39 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。