食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 >  「恵方巻き」より「ナンロール」?  浜松市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

 「恵方巻き」より「ナンロール」?  浜松市

静岡県浜松市


■ 「恵方巻き」より「ナンロール」?  浜松市


節分に恵方巻きを食べる習慣が日本でも定着してきている。
そんなウエーブに乗ろうと、インド料理も参戦した。

浜松市のインド・スリランカ料理店「シーツー」が押しているのは、ナンロールだ。
ナンロールは、鶏肉やマトンをナンで巻いた、いわば“インドの恵方巻き”。

3年前、同店の田辺代表がその年の恵方だった南南東から「ナンナン東」の語呂合わせを思いつき、インド北部の食べ方でヨーロピアンスタイルとも呼ばれるナンロールの販売を始めたのだとか。

同店のナンロールは、インド人店員が焼く本格的なナンを使い、スパイスで味付けしたチキンとマトンのひき肉を巻いてある。
2本1100円で期間限定で持ち帰り用に販売しているという。
注文・販売は2月1日までとか。

同店は、キングオブ静岡カレーにも選ばれた店。
いつもの恵方巻きもいいけど、こっちもおいしそうだ。

シーツー
http://www.c-2.jp/
静岡新聞2015年1月30日
http://www.at-s.com/news/detail/1174163548.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/31 07:42 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。