食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 京都の「ユズゼリー」 新ラベル完成

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

京都の「ユズゼリー」 新ラベル完成

京都市

■ 京都の「ユズゼリー」 新ラベル完成



自然豊かな京都市右京区水尾地区を盛り上げようと、近くの京都嵯峨芸術大の学生有志が水尾特産のユズを使ったゼリーの新しいラベルをデザインした。
学内で販売しており、ラベルが一新してから売り上げは右肩上がりだという。


ユズゼリーは地元の水尾特産品加工組合が2008年に開発。
各地の催しで販売してきた。

2012年に水尾地区と京都嵯峨芸大が連携協定を結んでからは、大学内の学食でも販売されるようになった。

添加物を一切使わず、種から育てた水尾のユズ果汁をふんだんに使った爽やかな味わいと淡い黄色に染まったゼリーの色味が魅力だ。
しかし、かつてのラベルは容器の上部を一面覆っており、商品の特徴を十分に伝えられていなかった。

そこで、同組合は「多くが手に取るデザインにしてほしい」と同芸大生らでつくる地域活性化団体「KURUKULU」に協力を依頼。
ゼリー上部に添えてあるユズピールが見えるよう透明なシールのラベルが完成した。

デザインを変更した2014年12月から、大学での販売は好調といい、毎週入荷する20個は2~3日で売り切れてしまうという。


京都新聞2015年1月30日
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20150130000039
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/02/22 00:22 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。