食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > ひつじのメロンパンが人気に  宇部市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひつじのメロンパンが人気に  宇部市

山口県宇部市

■ ひつじのメロンパンが人気に  宇部市


2015年のえとは「未(ひつじ)」。
これにちなんだメロンパンが、山口県宇部市で人気を集めているという。

販売しているのは「田舎のパン屋さん クルール」。
頭と足の生地に竹炭の粉末を混ぜて黒くしたヒツジのパンだ。

店は、長く空き家になっていた古民家の一角を活用し、2012年8月にオープン。
住民有志でつくる「楠むらづくり会社」が運営している。

季節や行事に合わせた商品を楽しんでもらおうと、2015年の第1弾として「ひつじのメロンパン」(税込み170円)を店頭に並べた。
これが徐々に評判を呼び、1日20~30個、多い時で50~60個売れるヒット商品になったのである。


このため1月の限定商品の予定だったが、2015年2月15日まで販売を延長するという。

また節分に合わせ、鬼の顔を描いたチョコパンと、カスタードクリームパン「オニさん!」(各税込み170円)も販売するという。

田舎のパン屋さん クルール
http://www.komorebinosato.net/#!about-1/c1ctk
読売新聞2015年1月29日
http://www.yomiuri.co.jp/otona/drink/dnews/20150128-OYT8T50143.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/28 05:42 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。