食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 学術 > ぷっちょロケット打ち上げ  和歌山市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぷっちょロケット打ち上げ  和歌山市

和歌山市


■ ぷっちょロケット打ち上げ  和歌山市


2015年3月7日、和歌山市で、ソフトキャンディー・味覚糖の「ぷっちょ」を燃料とするハイブリッドロケットが打ち上げられた。

和歌山大宇宙教育研究所の秋山所長らが、子どもに科学への興味をもってもらおうと実施したもの。

ロケットはカーボンファイバー(炭素繊維)とアルミ製で、高さ約1・8メートル、重さ約8キロ。

「ぷっちょ」を燃料とするハイブリッドロケットとは、なにか。
一般的なハイブリッドロケットは、固体燃料として樹脂、ゴム、ワックス等を使う。
しかし今回のロケットは「ぷっちょ」を固体燃料ととして詰めている。
ぷっちょが詰まった筒状の燃焼器に酸化剤である液化ガスを入れる。
すると、キャンディが溶けながら燃えはじめ、ガス化したものが勢いよく噴射される。
その力によって、ロケットが大空へと飛び立つというのだ。

今回のロケットに詰め込まれたぷっちょは20個。

ロケットは大きな音とともに、7秒で高さ約220メートルまで到達し、パラシュートを開いてゆっくり下降。
打ち上げ後には甘い香りが漂ったという。


ちなみに固体燃料と液体酸化剤という、2種類の推進剤を組み合わせたハイブリッドロケットは、安全面、環境面、コストや性能などに優れ、次世代の宇宙輸送ロケットとして注目されているという。







味覚糖
http://www.uha-mikakuto.co.jp/candyrocket/
2015年3月7日 北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/596708.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/06 16:44 ] 学術 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。