食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 長野県 健康長寿食を発信へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長野県 健康長寿食を発信へ

長野県


■ 長野県 健康長寿食を発信へ


日本一の長寿県である長野県。
その食文化を全国に発信しようと、県は2015年1月23日、タニタ食堂のプロデュースを手掛けた飲食店経営「きちり」(東京都渋谷区)と連携協定を結んだ。

きちりが2015年3月7日に、長野市のJR長野駅ビル「MIDORI」に出店する「長野県長寿食堂」のメニュー作りを支援し、長寿県の食のブランド化を目指すという。


県によると、これまで、日本一の長寿の食文化を発信する仕掛けがなかったため、民間企業との連携を模索していた。
県栄養士会や郷土料理の研究家など専門家を結集させて店作りの助言をするという。


長野県長寿食堂のコンセプトは「長寿をおすそわけ」。
県内の食文化を体験してもらう健康レストランだ。
地元産の野菜やみそなどの発酵食、減塩の工夫など県が長寿日本一となった秘訣(ひけつ)をメニューに盛り込んでいる。

メニューは十種類程度で、1年を24の季節に分けて旬の料理を提供する「二十四節気メニュー」など季節ごとの違いも楽しめるようになっている。
将来的には全国展開も視野に入れている。


県庁で開かれた協定の締結式で阿部知事は「一緒に県の食文化、健康長寿を日本、世界に発信したい」と期待した。
きちりの平川社長は「健康長寿というブランドは必ず消費者に支持されると思う。健康長寿の秘訣が日本中に広まることを願っている」と語った。


中日新聞2015年1月24日
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20150124/CK2015012402000015.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/24 19:43 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。