食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 話題 > タンゴ鉄道「スイーツ列車」運行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タンゴ鉄道「スイーツ列車」運行

京都府福知山市


■ タンゴ鉄道「スイーツ列車」運行 


北近畿タンゴ鉄道(KTR)を、2015年2月4日、「スイーツ列車」が走る。

福知山~天橋立間を走る列車内で福知山の名物スイーツを存分に味わってもらおうという企画だ。

京都府福知山市は「城とスイーツのまち」として売り出し中で、そのキャッチコピー通り、和洋菓子店や喫茶店が多数あるという。
市や鉄道事業者などでつくる市鉄道利用増進協議会が、この観光資源を活かそうと、タンゴ鉄道の「丹後くろまつ号」を貸し切り、往復便として初企画したのが「スイーツ列車」なのだ。


当日は福知山駅に午前9時40分に集合。
天橋立駅までの約1時間の車中で、福知山の有名店のクリを使ったケーキやアップルパイなど3種類のスイーツとドリンクを楽しむ。
復路は正午すぎに発車し、福知山駅に戻るまでの間、きんつばを食べる。
お土産のおにぎり弁当もつくという。

参加費は5千円(運賃、お土産を含む)だという。


京都新聞 2015年1月23日
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20150123000031
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/20 21:45 ] 話題 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。