食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 話題 > 大吟醸「オグリキャップ」発売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大吟醸「オグリキャップ」発売


■ 大吟醸「オグリキャップ」発売  


岐阜県笠松町の笠松競馬が生んだ名馬オグリキャップ。
その名を冠した大吟醸酒が発売された。

岐阜県海津市の酒店「浪漫亭」が発売を始めたのだ。

同社の舘社長はオグリキャップの馬主だった小栗さんと交流があり、これまでに「オグリキャップサイダー」などを販売。
今回の吟醸酒は、2015年3月にオグリキャップが生まれて30年となることから企画したという。

原料には酒米として有名な兵庫県加東市の山田錦を使い、静岡県藤枝市の老舗酒造会社初亀醸造で仕込みをした。
雁皮(がんぴ)を原料にした高級和紙をラベルに使い、岡部騎手が騎乗し、オグリが1988年の有馬記念を制した時の絵が採用されている。

720ミリ・リットル入り3500円(税別)。


浪漫亭
http://www.oguricap.co.jp/
読売新聞2015年1月16日
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150113-OYT1T50043.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/16 17:16 ] 話題 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。