食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 「みそぎの塩」商品化  木古内町

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「みそぎの塩」商品化  木古内町

北海道木古内町

■ 「みそぎの塩」商品化  木古内町


「寒中みそぎ祭り」が行われることで知られる、北海道木古内町。
この祭りが行われるみそぎ浜の沖で採取した海水から塩を作り、「みそぎの塩」として販売する計画が、木古内町で進められている。

塩は町内の料理や商品で使ってもらい、地場の塩を使ったグルメとして木古内の食の付加価値を高めていく構想だ。

塩の商品化を進めているのは旅館「宿きたかい」の鈴木さん。
2014年夏から函館の企業に依頼して海水塩の試作に着手。

さらに2014年12月下旬には、町内札苅の漁業三浦さんの協力を得て町内「みそぎ浜」の沖で海水150リットルを採取。
この海水を原料に、第1弾として約3キロの塩を生産する計画だ、
塩は2015年3月ごろの販売を予定。

既に、町内の肉製品や和菓子などに「みそぎの塩」を活用する計画が浮上しているという。

第1弾の塩は、2015年1月13日から15日に町内で開かれる「寒中みそぎ祭り」で、その一部を観光客に無料配布するという。


木古内町
http://www.town.kikonai.hokkaido.jp/kankoujouhou/ibento/15katyuumisogi/kantyuumisogi2015.htm
北海道新聞2015年1月10日
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki2/585176.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/14 12:19 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。