食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 市況 > 春節の特需 粉ミルクも売れた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春節の特需 粉ミルクも売れた


■ 春節の特需 粉ミルクも売れた


中国人は、本音では日本製品が大好きだ。
2015年の春節には、日本を訪れた中国人観光客の爆買いが話題になった。

話題になっただけでなく、企業の業績にも影響を与えているようだ。
たとえば百貨店大手4社が2015年3月2日に発表した、2月の売上高(速報)によると、全社が前年同月の実績を上回ったという。

4社の前年超えは、2014年4月に消費税率が引き上げられてから初めて。
中国の旧正月にあたる「春節」商戦が好調だったことも業績を後押しした。

各社の売上高伸び率は三越伊勢丹が4・0%、そごう・西武が2・6%、大丸松坂屋が1・6%、高島屋が0・1%だった。

2015年2月の免税品の売上高は3~4・4倍。
春節の大型連休(今年は2月18~24日)中の売れ行きは、2013年の春節期間に比べて2・3~3・7倍になった。
2014年10月から消費税の免税対象に化粧品や食料品などが新たに加わったことで、2月全体の売り上げが伸びた。

春節期間中に日本を訪れた中国人らの買い物で、100万~数百万円の海外ブランドのハンドバッグや100万円前後の腕時計など高額品のほか、子供服や哺乳瓶、粉ミルクなども「日本製の信頼から売り上げが伸びた」(三越伊勢丹)という話もある。


読売新聞2015年3月2日
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150302-OYT1T50137.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/03/12 19:55 ] 市況 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。