食文化 記録日誌

ゆたかな食生活のために   食に関する話題やニュースとコメント
食文化 記録日誌 TOP > スポンサー広告> 地域 > 学校給食に「オリーブ牛」 土庄町

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

学校給食に「オリーブ牛」 土庄町

香川県土庄町


■ 学校給食に「オリーブ牛」 土庄町


香川県土庄町で、2014年12月16日、学校給食に「小豆島オリーブ牛」が出された。
産地での普及を図るのを狙いにオリーブ牛を開発した「小豆島オリーブ牛研究会」が提供したモノだという。

同会では、町内の幼稚園と小、中学校の児童と生徒、職員ら約1200人分として約42キロを提供。
学校給食センターで、コマツナと合わせ、中華風にいためた一品に調理された。


この日、町立渕崎小学校の3年生の教室では、食事の前に紙芝居で、島特産のオリーブを飼料に使った牛の飼育から初出荷までの様子が紹介されたという。

年間約150頭を出荷しているという小豆島オリーブ牛は、オレイン酸を多く含んだやわらかな肉質で、口どけのいいさっぱりとした味が特徴。


産経新聞2014年12月17日
http://www.sankei.com/region/news/141217/rgn1412170075-n1.html
関連記事
スポンサードリンク
[ 2015/01/03 16:30 ] 地域 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
Amazon



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。